抱っこ紐は利便性で選ぶ!正しい使用方法を把握して活用しよう

抱っこ紐があると買い物をする時にラクチン

両手がフリーになりますので身軽ですし、狭い通路もジャマにならずに動き回ることができます。階段やエレベータの乗り降りも身軽にですので、近くのスーパーなどの買い物などで重宝します。赤ちゃんの体重が軽いときに活用したいところです。

抱っこしやすいのはどっち?スリングと抱っこ紐を比較してみた

使い勝手で比較すると

スリングは装着に少々、練習が必要ですが、洗濯がしやすいので衛生的です。抱っこ紐は、特に練習なしで簡単に装着できるので手軽です。

フィット感ではどうか

抱っこ紐は肩ベルトや腰ベルトが調節可能で、赤ちゃんの成長に合わせることも可能です。スリングは、いつも体にぴったり調節できて便利です。

抱っこ紐は利便性で選ぶ!正しい使用方法を把握して活用しよう

ベビー

抱っこ紐を新生児の時に使うメリット

短い新生児の期間に抱っこ紐が活躍するのは、検診や里帰りなど、外出する必要があるシーンです。ママさんが一人で対応する場合は、なおさら抱っこ紐は有用です。移動時間が長いなら、事前に新生児から使える製品を用意しましょう。また、寝ついてくれない赤ちゃんをあやすためにも活躍します。首が座っていないため、安定感のある抱き方にニーズがあるからです。

抱っこ紐のタイプと特徴を知ろう

オーソドックスな抱っこ紐タイプなら、装着が簡単なので、今すぐに寝かしつけたいときなどに便利に使えます。横向きタイプは、首のすわっていない新生児からも使用が可能です。縦向きタイプは、首が座ってからがベストでしょう。おんぶとの切り替えができるタイプもあり、好みで選ぶことができます。また、クロスタイプは、装着が簡単でコンパクトなのが強みです。

買い物に失敗しない!抱っこ紐の上手な選び方

抱っこ紐なら移動しやすく、エスカレータに乗るのも容易にできますので、ちょっとした買い物で便利です。しかし、長時間ですと肩に負担がかかりますので、ベルトが太いタイプを選ぶと良いでしょう。赤ちゃんの重さが分散して、比較的楽に動くことができます。安定していますので、首が座っていない赤ちゃんの抱っこに適しています。

抱っこ紐が活躍するシーン

ぐずってベビーカーに乗ってくれない、おとなしくしてくれない時に役立ちます。赤ちゃんと二人だけのとき、さっと取り出して装着すれば、赤ちゃんも大人しくなりますし、身動きが楽なので、なおさらメリットを実感できます。また、通路が狭いスーパーや階段しかない場所でも、スイスイと通ることができますし、移動も簡単にできるのが嬉しいです。

広告募集中