子供を守るチャイルドシートは安全性を重視して選ぼう!

チャイルドシートは子供を守るアイテム

自動車を運転する人は、6歳未満の幼児を乗せるときはチャイルドシートを装着することが、道路交通法に記載されており義務化されています。適切に使用することで、万一の事故でも、子供の命を守ることができるからです。

よく売れているチャイルドシートベスト5

no.1

ネビオ ネムピットなら取り付け簡単・安全

はじめに確認したい安全基準には、もちろん合格している製品です。5点ハーネスベルトでしっかり固定するので、ズレ落ちたりする心配もありません。ベビーからチャイルドシートまで、長く使えるロングユースタイプなのも嬉しいポイントです。

no.2

joie tilt チルトは低価格でコンパクト

軽量でコンパクト、持ち運びが楽なのでママさん一人でも取扱いできるのが嬉しいポイントです。軽自動車などの小型車に向いています。イギリス初の製品で明るいデザインも好ましく、4歳時まで体格に合わせて調整できるロングユースタイプです。

no.3

生まれた時から使えるJoie Arc360°

ワンタッチ(ISO FIX対応)なので、初めてでも簡単で安全に取り付けることができます。0歳から成長に合わせて、使い方を変えていけるロングユースに対応しています。自在にターンするので、ママさん一人でも抱っこしながら操作できる製品です。

no.4

レカロ スタート ジェイスリー(J3) シュヴァルはロングユース

レーシングカー向けシートで有名な、レカロ社製のチャイルドシートです。3歳から12歳まで使用できるロングユース設計が魅力です。背もたれにワンタッチで取り付けできる、5段階の高さ調節機能を備えています。上半身をしっかりサポート、底面には高密度のクッションパッドが使用されています。

no.5

女性でも取り付けOK・コンビ ジョイトリップ GC/GF

軽量(5.2kg)で省スペース設計なので、女性でも簡単に取り付け、取り外しができます。1歳から11歳まで対応するロングユース設計で、長く使えるのも魅力です。丸洗い可能で通気性もあり衛生的です。小型車に対応しているスタンダードモデルです。

子供を守るチャイルドシートは安全性を重視して選ぼう!

乳児

ベビーシートとジュニアシートには違いがある

ベビーシートは1歳位までが対象であり、進行方向に対して後ろ向きで使用します。取り外し可能で、簡易ラックに使える製品もあります。一方、ジュニアシートは3歳~4歳位が対象であり、車のシートベルトを直接使う点に違いがあります。座面を高くし、肩ベルトを調節可能にしています。

チャイルドシートを選ぶ時の重要ポイント

安全な製品であること、そして子供の体格に適合していることが重要です。安全基準マークの有無をチェックし、子供の体格や取り付ける車種に適合するか必ず確認しましょう。安全に取り付けるためにも、シンプルな取付方法が望ましいと言えます。

迷ったら口コミをチェック!

どのチャイルドシートを購入すれば良いのか迷ってしまったら、通販サイトのレビューやお役立ちサイトに掲載されている口コミ情報をチェックしましょう。カタログスペックだけでは分からない、製品の使い勝手など有用な情報を知ることができます。

チャイルドシートを使っている先輩ママさんの声

退院してすぐに使い始めました!

自宅に戻ったらすぐに使いたいと思っていたので、病院にいる間にどんなチャイルドシートが良いか検討していました。コンパクトで取り付けが簡単であることを条件にして、適した製品を選んだので、車の載せ替えも簡単で助かりました。

360度回転するタイプは便利です

取り付けてみてはじめて分かったことは、360度回転する製品は使いやすい!車内って思った以上に狭く感じるものです。そのときに応じてターンの角度を調整できるのが嬉しいです。車は家族で交代で使っているので、取り外しが簡単にできる製品を重視しました。

広告募集中